あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(09/25)鬼滅の刃
(09/15)2020の夏
(07/15)最近のニュース
(07/06)暑くなりましたね
(06/29)自分3日坊主ですが...。

2020年02月18日

食べる風邪ぐすり?

気温が下がり、空気が乾燥してきて、周囲に風邪をひく人が増え始める時期です。

風邪の原因の多くはウイルスによるもので、人から人へ感染していきます。

風邪の原因となるウイルスは200種類以上あり、
やっと風邪が治ったと思ったらまた次のウイルスに感染して風邪をひいてしまうことも・・・

風邪をひかないためには、手洗いやマスクで予防し、ウイルスに負けない抵抗力をつけることが大切です。

そして、しっかり食べて風邪に負けない身体をつくることも大切です。

今回は、「食べる風邪ぐすり」といわれる食材を紹介します!

◆ 鍋料理のわき役となりがちですが…

その食材とは、この時期に旬を迎える「春菊」です。

春の菊と書くので春が旬と誤解を受けてしまいますが、春は開花の時期です。

食材の旬は、11月から3月になります。

鍋料理のわき役食材というイメージかもしれませんが、
実は健康によい栄養素がたくさん含まれており、もっと積極的に食べたい食材です。

春菊には、ビタミンやカリウム、鉄やカルシウムなどのミネラルや食物繊維が多く含まれています。

特に強い抗酸化作用を持つβ‐カロテンは、ほうれん草などよりも、多く含まれています。

β‐カロテンの強い抗酸化作用は、活性酸素の働きを抑制し、肌の老化防止にも効果的です。

春菊には強い香りがありますが、これはα−ピネンやぺリルアルデヒドといった成分によるものです。

これらが自律神経に作用すると、胃腸の働きを促進し、咳をしずめて痰を切る作用もあります。

そのため、中国では古くから春菊を漢方薬として用い、「食べる風邪ぐすり」と呼ばれていました。

鍋料理だけでなく、積極的に春菊を食べたいですね!


≪ 鍋以外でも!おすすめの春菊レシピ! ≫


春菊とにんじん、油揚げのごまあえ

材料(2人前)>
・春菊 50g
・にんじん 3cm     
・油揚げ 1/2枚

(A)・だし汁 2/3カップ  ・しょうゆ 小さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1

(B)・すりごま(白) 大さじ2
      ・砂糖 小さじ1

1)春菊を洗い、葉だけを摘みます。※生のまま使うのでよく洗ってください。
2)細く刻んだ油揚げに熱湯をかけ、油抜きします。
3)鍋に(A)と細く切ったにんじん、油揚げを入れて、煮立ったら弱火にして、箸で混ぜながら煮汁がなくなるまで煮詰めます。
4)3に春菊と(B)を加えて和え。器に盛りつけます。
(レシピ参照:キッコーマンレシピさん)




posted by あまの眼科 at 08:00| 目に良い食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

インフルエンザ予防にビタミンD

受験シーズン真っ只中ですが、この時期はインフルエンザの流行と重なり、受験生をお持ちのご家庭は気が気ではないですね。

インフルエンザ予防は、手洗い、うがい、マスクの着用を忘れず、また重症化を防ぐために予防接種が大切です。

また、インフルエンザや風邪に対抗するためにぜひ摂りたい栄養素が『ビタミンD』です!

◆ 免疫力を高めるビタミンD!

ビタミンDは、免疫を高めるビタミンのひとつです。

免疫細胞の活性化や、細菌やウイルスへの抵抗力を高める抗菌ペプチドを活発にして、免疫を強化する働きがあります。

ビタミンDがインフルエンザを予防するという研究結果は数多くありますが、そのひとつに、ビタミンDの投与と呼吸器の感染症との関係を調べた研究があります。

ビタミンDの錠剤を飲んでいたグループと飲んでいないグループを比べたところ、飲んでいたグループの方が呼吸器系の感染症の発症が約2割少なかったそうです。

しかしながら、残念なことに、現代社会ではビタミンD不足の人が多いと言われています。

冬のこの時期は、夏に比べると血中のビタミンD濃度が半分になるという研究結果もありますから、ビタミンDを積極的に得るようにしたいものです。

ビタミンDを得るには、日光を浴びる方法があります。

冬季には、約1時間、日光浴をするといいそうですが、




毎日忙しいと、なかなかできないかも知れませんね…

まして、受験生は追い込みをかける時期でもあり、日光を浴びる時間を確保するのも、難しいかもしれません。

となると、もうひとつの方法は、食事から摂ることです。

ビタミンDが多く含まれている食材には、魚類、魚卵、キノコ類や卵類があります。

魚類では、紅鮭やサンマなど、脂肪分の多い魚に多く含まれています。

特におすすめしたいのは、ビタミンDが豊富で身体の温まる朝食です。インフルエンザが流行するこれからの時期、朝食でも積極的にビタミンDを摂りましょう!

≪ 受験生にも!ビタミンD朝食レシピ ≫

しょうが香る
鮭と舞茸の味噌汁




E382BFE382A4E38388E383ABE381AAE38197-5f1b0-thumbnail2[1].jpg



1)鮭はひと口大に切り、まいたけは小房に分け、大根はいちょう切り、豆苗は根元から切ってそれを半分に切る。(※)の野菜は冷蔵庫にあるもの(人参や玉ねぎ)などに変えてもOK。
2)鍋にごま油を熱して1)の鮭以外を炒め、しんなりしたら、鮭とAを加えて蓋をして3分ほど煮る。
3)鮭に火が通ったら火を止め、味噌を溶く。
(レシピ参照:味の素レシピ大百科さん
posted by あまの眼科 at 10:00| 目に良い食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

『朝ごはん』を食べていますか?


現代人の朝は、とっても忙しいですよね…

朝食を食べる時間があるなら、あと5分寝ていたい…

身だしなみを整えるほうが大切…

ダイエット中だから、抜いちゃおうかなぁ…

そんな気持ち、よく分かります。

でも、朝食を食べるということは、
ただ単に胃袋を満たすためのものではありません。

朝食には、もっと大切な役割があるのです!

それは・・・脳にとって唯一のエネルギー源となる
『ブドウ糖』を摂取すること。

朝食を摂らないと、脳のエネルギーが不足してしまい、
集中力や記憶力の低下などに繋がります。

◆ 朝食抜きがイライラの原因に!?

朝食を食べずに学校や職場に行くと、集中力が出ず、
勉強や仕事がはかどらなくなってしまいます。
そればかりか、なんとなくイライラしてしまう原因にも…

これは、脳のエネルギーが不足しているためです。

◆ ブドウ糖は蓄積できない!

先ほどもお話したとおり、ブドウ糖は脳のエネルギーです。

このブドウ糖、実は体内に大量に貯蔵しておくことができない栄養素で、
すぐに不足してしまいます。

なので、空腹状態で起きることになる朝の脳は、エネルギーが欠乏している状態です。

しっかり朝食を摂らないと、脳のエネルギーが不足してしまうので、
集中力や記憶力も低下してしまいます。

◆ 朝はしっかり炭水化物を!

寝起きは、低血糖状態で頭がボーっとしたまま。

朝食で炭水化物(糖質)をしっかり摂って、脳を元気に働かせてあげましょう。

国立教育政策研究所の調査では、
「毎日朝食を食べる子どもほど、ペーパーテストの得点が高い傾向にある」という結果も出ています。

「朝食→学力アップ」と単純なものではないかも知れませんが、
朝食をきちんと食べるという生活習慣は、頭のためにも良さそうですね!

≪ 忙しい朝におすすめの朝食簡単レシピ! ≫

レンジで簡単!たまご雑炊

<材料(2人分)>
・ごはん 茶碗に軽く1杯
・たまご 1個
・水 150cc
・めんつゆ 大さじ2
1)ご飯と水を混ぜる(ご飯がパラパラになるように)
2)1にめんつゆを入れてよく混ぜる
3)600wのレンジで約2分間加熱する
4)3に卵を割り入れて、卵を崩すように混ぜる
5)600wのレンジで60秒加熱する
6)レンジから取り出し、表面を軽くかき混ぜたあと、再び60秒ほど加熱する。

(参照:「クックパッド」さん)


posted by あまの眼科 at 08:00| 目に良い食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする