あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(11/27)もうすぐ12月ですね
(11/27)こんにちは〜
(11/20)秋ナスは嫁に食わすな?
(11/16)秋から冬へ
(11/13)Q.逆まつげがあります。手術が必要でしょうか?

2015年10月06日

緑内障と白内障〜11〜


前回まで、5回に分けて『白内障』についてお話してきましたが、
今回からは『緑内障』についてお話します。
まずは、緑内障の“症状”について確認しましょう。

● 緑内障の症状


緑内障は、視野が欠けてくる病気です。
目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」以上の眼圧になってしまうと、
視神経が障害されて、視野が欠けてくることが原因です。
一度障害を受けた視神経は再生することがないため、
緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気で、
実際に、中高年の失明原因として1〜2番目に多い病気です。

一般的に緑内障は、自覚症状がほとんどなく、
知らないうちに病気が進行していることが多い病気です。
(タイプによっては急速に症状が現れるものもあります。)
緑内障は、早期発見・早期治療が大切なのですが、
初期段階では、自覚症状がほとんどないために、
症状が進行してしまってから受診する方が多いのが実態です。
緑内障の場合、視神経の障害はゆっくりと起こり、
視野も少しずつ狭くなっていくため、
眼に異常を感じることはほとんどないからです。

実際のところ、
40歳以上の方の17人に1人が緑内障にかかっていると言われていますが、
治療をしている人が10%、
残りの90%の人は治療を開始していません
このデータは、緑内障がいかに自覚症状の無い病気なのかを物語っています。
次回はどのように視野が欠けていくのか、イメージ図で
確認していきましょう。
posted by あまの眼科 at 08:00| 緑内障と白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

緑内障と白内障~10~


● 食生活を見直そう!

白内障の予防効果が期待できそうな抗酸化物質の摂取法のひとつとして、
食生活の改善が考えられます。
実際に、アメリカや日本を中心に、
白内障の予防に関する調査・研究が積極的に行なわれています。
主な調査方法は、
目の水晶体を酸化から守るのに有効な栄養素を調べるために、
2つのグループで栄養素の摂取量に差をつけて、発症率の違いを調べるものです。
さまざまな国で行われた実験結果で、
白内障予防に特に有効であると判断された栄養素は
以下の2つということが分かっています。

@ ビタミンC

ビタミンCには非常に強力な抗酸化成分を含んでおり、
積極的に摂取したグループでは、
発症率が50%〜70%も低いという結果になっています。
ビタミンCは水溶性なので、
過剰に摂取したものは体外に排泄されるため、
過剰摂取してもまったく問題はありませんので、積極的に摂ると良いでしょう。

A ルテイン

緑黄色野菜に多く含まれ、
目に良いということで注目を集める栄養素です。
白内障にもかなり有効で、
ビタミンC並の発症率50%減の効果が分かっているそうです。
毎日の食生活に少し気を配ってみて、
白内障の発症を遅らせる努力をしてみてはいかがでしょうか?
『アンチエイジング』効果も期待できると思いますよ。

posted by あまの眼科 at 09:00| 緑内障と白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

緑内障と白内障〜9〜


白内障は遅かれ早かれ、誰しもがかかる病気です。

ですから、誰しもができるだけ軽い症状で、進行を遅くしたいと考えると思います。

今回は、白内障の発症や進行を抑える『予防法』を考えてみたいと思いますので、
実践していただいて、健康で豊かな生活に役立てていただきたいと思います。


● 白内障に早くなりやすい人の傾向

白内障発症率の統計によるよると、
50代で15%、60代で30%、80代で90%、90代でほぼ100%
となっています。
この数字からも、
白内障の最も大きな原因は『加齢(老化現象)』であることがご理解いただけると思います。

しかし、最近では白内障の低年齢化が進み、
早いケースでは30代で発症する人もいます。
では、白内障低年齢化の理由は何でしょうか?
白内障になるひとつの原因に『紫外線による酸化』があげられます。
WHO(世界保健機関)の報告によると、
白内障の約20%は紫外線が原因だ言われていますので、
紫外線が白内障と深く関わっていることは確かです。
紫外線は太陽光線に含まれる光線のひとつですが、
紫外線が目の水晶体に当たることで
水晶体に含まれるたんぱく質を酸化させ、水晶体が白く濁るからです。
『加齢』や『紫外線』をキーワードに考えてみると
身体の酸化を防ぐ『抗酸化』物質を積極的に摂ることで、
ある程度の予防効果が期待できると考えられます。

次回は白内障を予防する食べ物について触れてみたいと思います。
posted by あまの眼科 at 09:00| 緑内障と白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする