あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(07/20)わたしの“趣味”
(07/16)夏の出来事
(07/13)わたしの“趣味”
(07/06)知っておきたい目の病気の基礎知識 その17『緑内障』のお話
(06/29)季節の健康マメ知識 花粉症?風邪?寒暖差アレルギーかも…

2021年03月02日

『医食同源』食べることから健康に!夏バテ対策に効果的な食事のポイントは?

◆ 夏バテとは?

夏バテという病気はありません。夏バテは、高温多湿の日本の夏の暑さからくる体調不良のことです。

夏バテの症状には、「食欲がない」「ぐっすり眠れない」「疲れやすい」などがあります。

夏バテは、夏の暑さの中で一生懸命体温調整をしようとして、自律神経が疲弊して乱れてしまうことが原因と言われています。

冷房で冷えすぎた室内と屋外との温度差も、自律神経を乱す原因となります。

◆ 夏バテ予防に必要な栄養は?

暑くて台所に立つのもおっくうで、つい簡単なメニューにしてしまうと、タンパク質が不足しやすくなります。

糖質や脂質はエネルギー源になりますが、エネルギーの運び役となる血液、エネルギーを作り出す筋肉をつくりだすのはタンパク質です。

身体に十分なエネルギーを行き渡らせるのがタンパク質なので、意識的に摂りましょう!特に、夏のタンパク質でおすすめなのが、豚肉です。

糖質や脂質からエネルギーをつくり出すために、円滑にエネルギーをつくる手助けをしてくれるビタミンB群が必要になりますが、豚肉はビタミンBも豊富です。

夏はたくさん汗をかきますから、汗とともに失われてしまうビタミン、ミネラルも摂取しておきたいものです。

夏野菜のパプリカはピーマンの仲間ですが、ビタミンC・E・Aが豊富で、ピーマンと比べるとビタミンCは約2倍、カロチンは約7倍もあります。

梅干し、酢、レモンなどはクエン酸を含んでおり、疲労回復に効果的です。食欲がない時は、大葉やしょうが、カレー粉などを使うと良いでしょう。

料理で火を使うのは暑くて大変で、冷たいメニューが多くなってしまいますが、冷たい食事は胃腸の働きを弱めますので、これも要注意です。

≪ 夏バテ対策にピッタリの豚肉レシピ! ≫

ブロッコリーと
ひき肉の辛みそ炒め

タイトルなし.png

<材料(1人前)>
・ブロッコリー 1/2株
・豚ひき肉 150g   ・ショウガ 1片
(A)みそ 大さじ1/2 (A)みりん 大さじ1
(A)しょうゆ 小さじ1 (A)豆板醤 小さじ1/2

1)ブロッコリーは小房に分ける。ショウガはみじん
切りにする。(A)を混ぜておく。
2)フライパンにブロッコリーと水大さじ2、塩少々
(ともに分量外)を入れ、ふたをして中火にかけ、
2〜3分蒸し煮する。火が通ったら、ザルにあげる。
3)豚ひき肉とショウガをフライパンで炒めて、火が
通ったらAを加えてひと混ぜし、Aを入れて、全体
にからめる。  (レシピ参照:アスレシピさん)
posted by あまの眼科 at 00:08| 目に良い食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする