あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(12/28)わたしの“趣味”
(12/14)わたしの“趣味”
(11/30)『網膜の病気』のお話
(11/16)乾燥肌の予防は、日常生活の見直しから!
(11/09)『患者さんの声』をご紹介します!

2020年06月09日

Q.ブルーベリーは目に良いの?

「ブルーベリーは目に良い」というお話を耳にしますよね。

その手のサプリメントもたくさんあるようですが、ところで、どうして目に良いかはご存知ですか?

ブルーベリーに含まれる“アントシアニン”という色素が、暗い場所での見えやすさを良くする働きがあります。

また、体内で悪影響を及ぼす活性酸素を抑制するとも言われるため、
このような理由から「目に良い」と言われるようになったのです。

確かに、アントシアニンの作用で暗いところでの視覚感度が良くなり、
夜間に物が少し見えやすくなることや、
アントシアニンをはじめとするポリフェノールが活性酸素を抑制することは証明されています。

ただひとつ問題があって、それはアントシアニンという色素を摂取しても、
蓄積効果はまったくないのです。

ブルーベリー以外にも、ナスや紅芋などにアントシアニンが含まれますが、
この色素を体内に取り込んでも、1〜2日程度でほぼ全量が体外に排泄されてしまいます。

さらに、活性酸素の抑制から目の疲れをとるというのはあくまでも仮説であり、
いまだにしっかり証明した文献や論文は存在していません。

結論として、まったく意味が無いものではないと思いますが、
たくさん取ったからといって期待できるものでもないということです。

中には高価な食品もあるようですが、本質的な働きをよく理解して、摂取してくださいね。



posted by あまの眼科 at 08:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする