あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(07/20)わたしの“趣味”
(07/16)夏の出来事
(07/13)わたしの“趣味”
(07/06)知っておきたい目の病気の基礎知識 その17『緑内障』のお話
(06/29)季節の健康マメ知識 花粉症?風邪?寒暖差アレルギーかも…

2020年01月21日

インフルエンザ予防にビタミンD

受験シーズン真っ只中ですが、この時期はインフルエンザの流行と重なり、受験生をお持ちのご家庭は気が気ではないですね。

インフルエンザ予防は、手洗い、うがい、マスクの着用を忘れず、また重症化を防ぐために予防接種が大切です。

また、インフルエンザや風邪に対抗するためにぜひ摂りたい栄養素が『ビタミンD』です!

◆ 免疫力を高めるビタミンD!

ビタミンDは、免疫を高めるビタミンのひとつです。

免疫細胞の活性化や、細菌やウイルスへの抵抗力を高める抗菌ペプチドを活発にして、免疫を強化する働きがあります。

ビタミンDがインフルエンザを予防するという研究結果は数多くありますが、そのひとつに、ビタミンDの投与と呼吸器の感染症との関係を調べた研究があります。

ビタミンDの錠剤を飲んでいたグループと飲んでいないグループを比べたところ、飲んでいたグループの方が呼吸器系の感染症の発症が約2割少なかったそうです。

しかしながら、残念なことに、現代社会ではビタミンD不足の人が多いと言われています。

冬のこの時期は、夏に比べると血中のビタミンD濃度が半分になるという研究結果もありますから、ビタミンDを積極的に得るようにしたいものです。

ビタミンDを得るには、日光を浴びる方法があります。

冬季には、約1時間、日光浴をするといいそうですが、




毎日忙しいと、なかなかできないかも知れませんね…

まして、受験生は追い込みをかける時期でもあり、日光を浴びる時間を確保するのも、難しいかもしれません。

となると、もうひとつの方法は、食事から摂ることです。

ビタミンDが多く含まれている食材には、魚類、魚卵、キノコ類や卵類があります。

魚類では、紅鮭やサンマなど、脂肪分の多い魚に多く含まれています。

特におすすめしたいのは、ビタミンDが豊富で身体の温まる朝食です。インフルエンザが流行するこれからの時期、朝食でも積極的にビタミンDを摂りましょう!

≪ 受験生にも!ビタミンD朝食レシピ ≫

しょうが香る
鮭と舞茸の味噌汁




E382BFE382A4E38388E383ABE381AAE38197-5f1b0-thumbnail2[1].jpg



1)鮭はひと口大に切り、まいたけは小房に分け、大根はいちょう切り、豆苗は根元から切ってそれを半分に切る。(※)の野菜は冷蔵庫にあるもの(人参や玉ねぎ)などに変えてもOK。
2)鍋にごま油を熱して1)の鮭以外を炒め、しんなりしたら、鮭とAを加えて蓋をして3分ほど煮る。
3)鮭に火が通ったら火を止め、味噌を溶く。
(レシピ参照:味の素レシピ大百科さん
posted by あまの眼科 at 10:00| 目に良い食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする