あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(11/16)秋から冬へ
(11/13)Q.逆まつげがあります。手術が必要でしょうか?
(11/13)Q.遠くを見るようにすると目は良くなりますか?
(11/11)『前へ』
(11/06)秋も要注意!『花粉症』のお話 『花粉症』は突然に…

2019年11月06日

秋も要注意!『花粉症』のお話 『花粉症』は突然に…

人が得る情報の8割は、視覚を通して得ているものと言われています。

大切な目だからこそ、日頃から『目の点検』を欠かさずにいたいものです。

不具合がないと、「見えて当たり前」と思いがちですが、加齢とともに目の病気を患うリスクは高まります。

この医院新聞を通じて「目の病気」について、一緒に考えてみたいと思います。

今回は、実は秋にも来院する方が多い『花粉症』のお話です。

◆ 花粉症とは?

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。

春のスギ花粉症の症状に悩む方が多いので、花粉症は春の病気と思われがちですが、そうではありません。

実は、アレルギー症状を引き起こす花粉は、ほぼ1年中存在しています。

2月〜5月→スギ科の植物
5月〜7月→カモガヤ科の植物
7月〜9月→キク科の植物
10月〜12月→ヒノキ科の植物

このように、1年中どの季節であっても、植物の花粉が原因でアレルギー症状が起こる可能性はあります。

また、ホコリやダニ、ペットの毛など、いわゆるハウスダストが原因となっているケースも少なくありません。

あまり知られてはいませんがん、ガやユスリカなどの昆虫が原因となることもあります。




このように、私たちの生活には、アレルギーの原因となる物質がたくさん存在しています。

そのため、ひとことで「アレルギー症状」といっても、実際にはさまざまな原因物質が複雑に絡み合って、アレルギーの症状を引き起こしている可能性もあります。

事実、アレルギー結膜炎の症状が見られる患者さんは、季節性の患者さんだけでなく、通年性の患者さんも非常に多いものです。

また、コンタクトレンズを使っている方の場合は、程度の差こそあるものの、ほぼ全員にアレルギーの症状が見られています。

◆ 秋の花粉症にも要注意!

夏から秋にかけて花粉の飛散シーズンを迎える植物には、キク科のブタクサやヨモギなどがあります。

実は、花粉症やアレルギー症状で来院される患者さんのうち15%程度の方は、
この季節に目や鼻の症状を訴えて眼科を訪れています。

また、原因となる植物によって、症状も異なります。

春のスギ花粉は、花粉粒子径が大きいため、鼻の粘膜に留まりやすく、
下気道への影響は少ないため、春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状です。

一方、秋の花粉症の原因のひとつとなるブタクサ花粉は、
花粉の粒子が小さいため気管に入って、ぜんそくのような症状を引き起こすケースもあります。

秋の花粉症にも要注意です!目のかゆみや充血などの症状が見られる場合は、眼科を受診してください。
posted by あまの眼科 at 10:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする