あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(11/27)もうすぐ12月ですね
(11/27)こんにちは〜
(11/20)秋ナスは嫁に食わすな?
(11/16)秋から冬へ
(11/13)Q.逆まつげがあります。手術が必要でしょうか?

2019年07月17日

プール熱のお話


◆プール熱って、どんな病気?

夏場に学校のプールで感染するケースが多いことから
俗に「プール熱」と呼ばれている病気がありますが、
これは医学的に『咽頭結膜熱』と言います。

これは、ウイルスが原因で起こる『ウイルス性結膜炎』のひとつです。

細菌やウイルスが目に感染し、
結膜(白目の一番表面の膜)に炎症を起こす病気です。

結膜炎になると、結膜が赤くなったり(充血)、
まぶたの裏側にブツブツができて目やにや涙が増えたりと、
目に不快な症状が現れます。

かゆみ、しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感、まぶしい感じなどの症状も多くみられます。

プール熱のように目の症状以外に、のどの痛みや発熱といった、
風邪に似た症状を引き起こす場合もあります。

ウイルス性結膜炎の中でプール熱と同じように有名な病気が、いわゆる『はやり目』です。

これは、アデノウイルスが原因で発生し、
短期間に集団的に発生する急性結膜炎で、日常よく見られる代表的な目の病気のひとつです。

◆治療と感染予防

この病気の怖いところは、非常に強い伝染力(感染力)です。

目からの分泌物がもとで伝染しますが、伝染性が非常に強いため、感染予防がとても大切です。

眼科でも、ウイルス性結膜炎が疑われる場合には、院内ではなくお車でお待ちいただくケースもあります。

患者さんにとっては不快な気分になることかも知れませんが、
医療機関である眼科でもそのような対応をせざるを得ないほど、感染力が非常に強い病気です。

治療においては、
不快な症状を和らげる目的で炎症を鎮める効果のある抗炎症点眼薬、
抵抗力が落ちている結膜に細菌が感染しないように抗菌点眼薬を使用します。

症状は、ウイルスに対する身体の抵抗力がついてくるにつれて治まり、
約3週間〜1ヵ月ほどで完治します。

その間は、次のようなことに気をつけてください。

・こまめに手を洗う
・顔を拭くタオルを家族と共有しない
・お風呂は最後に入るか、シャワーですませる
・お子さんの場合は、眼科医の判断に従って登校を

控えるなど、感染の拡大予防に努める結膜炎の種類によっては、
感染力がとても強い病気があることを覚えておいてください。

そして、おかしいなと思ったときには、すぐに眼科を受診しましょう!4

posted by あまの眼科 at 08:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする