あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(11/27)もうすぐ12月ですね
(11/27)こんにちは〜
(11/20)秋ナスは嫁に食わすな?
(11/16)秋から冬へ
(11/13)Q.逆まつげがあります。手術が必要でしょうか?

2016年02月02日

緑内障と白内障〜16〜

緑内障と白内障のお話、本日はレーザー治療と手術についてお話します。

A レーザー治療
レーザー治療では、
目の中の水(房水)が出て行く部分(線維柱帯)を処置して、
そこにからまっている色素細胞を除去します。
イメージとしては、線維柱帯をお掃除して、房水の流れを良くするというような方法です。

B 手術
手術は、投薬治療やレーザー治療の効果が不十分な場合に行われる治療法です。
いくつかの手術法がありますが、
緑内障の症状によって最善と考えられる術式が異なっています。
緑内障の手術の目的は、視力を回復することよりも、
視野障害の進行を食い止めることにあります。
緑内障の治療法について3種類お話してきましたが、
共通することは『視野障害の進行を止めること』を目的としていることです。
これは、視野障害の進行が少ないうちに治療を始めることが
最も大切なことだと言い換えることもできます。
40歳を過ぎたら『定期健診』を必ず受診するようにしましょう!
posted by あまの眼科 at 08:00| 緑内障と白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする