あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(01/28)冷え性対策に効果的な栄養満点レシピ
(01/25)1月25日
(01/15)お正月
(01/14)Q.遠くを見るようにすると目は良くなりますか?
(01/06)本日より診療開始です

2015年12月14日

緑内障と白内障〜14〜

緑内障と白内障シリーズ、
前回は高眼圧が原因の緑内障についてお話しましたが、
今回は、正常眼圧の緑内障についてお話ししますね。

多くの緑内障は加齢とともに変化する眼圧を原因とする高眼圧のタイプになりますが、
正常な眼圧の範囲内でも緑内障の症状が見られる方が近年増えてきています。
日本人は特に正常眼圧の緑内障の患者さんが多い国民だと言われています。
正常眼圧の緑内障は現在も研究が進んでいる段階ではありますが、
ひとつの理由としては、1日の中でも時間帯によって眼圧が変動していることです。
これは生理的なものなので、
検査の時間帯を変えながら測定するなどの方法で発見できることがあります。
あるいは、視神経が圧迫に弱いために、
正常範囲の眼圧でも傷ついてしまうことも考えられます。
緑内障の症状が現れる眼圧は個々に異なるため、
正常範囲と考えられてきた眼圧が
全ての人にとっての正常値であるとは限らないという考え方です。

また、血流の悪さもひとつの原因と考えられています。
簡単に言うと、目が疲れ筋肉が緊張し硬くなってしまい、
目の細胞の働きを低下させてしまうのです。
近視の方は元々目の筋肉がうまくスムーズに動きませんので、
血流が悪くなるリスクは高くなります。

いずれの原因にしても、大切なことは『早期発見』『進行予防』です。
40歳を過ぎたら『定期的な検査』を受けて、
症状が見つかったときには『進行の予防』に取り組みましょう。
posted by あまの眼科 at 08:00| 緑内障と白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする