あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(07/20)わたしの“趣味”
(07/16)夏の出来事
(07/13)わたしの“趣味”
(07/06)知っておきたい目の病気の基礎知識 その17『緑内障』のお話
(06/29)季節の健康マメ知識 花粉症?風邪?寒暖差アレルギーかも…

2020年06月02日

Q.目が痛くて受診しているのに、視力を測る必要があるのですか?


視力は、目の働きの中で、最も大切で基本的なものです。

目が痛いということで受診された場合でも、
その原因として考えられることはさまざまで、
角膜(黒目)の傷や、虹彩(茶目)の炎症、眼圧の上昇なども考えられます。

そして、そのような場合に、自分では気がつかないうちに視力が低下していることもあるのです。

また、痛みとは関係ない病気のために視力が低下していたり、
現在使っているメガネが合っていないことが眼痛の原因である可能性もあります。

視力測定を行うことで、これらのことが明らかになることもありますから、
眼科を初めて訪れた場合や、通院中でも今までとは違った症状がある場合には、視力を測定しています。

特に、初診時に測定した視力が基本的なデータとなり、
その後の治療の経過を観察する上で、とても大切なものとなります。

痛みがひどく視力検査が無理な場合は、初診時に測定しない場合もありますが、
できるだけ初診時に測定をしてもらったほうが良いでしょう。
posted by あまの眼科 at 08:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする