あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(11/27)もうすぐ12月ですね
(11/27)こんにちは〜
(11/20)秋ナスは嫁に食わすな?
(11/16)秋から冬へ
(11/13)Q.逆まつげがあります。手術が必要でしょうか?

2019年03月28日

おはようございます。






5388A1F5-9A94-4AC8-BEC2-5481A8CE9B76.jpg
















おはようございます☀
院長の天野です。

皆様、お元気ですか?

3月28日 木曜日
今日は、あまの眼科クリニック
休診日ですが、

僕は、
瑞浪市の東濃厚生病院で働いています。

大きな病院ですので
年度末、春は、
別れの季節ですね。

お世話になった事務長さん
オペ室の看護師さん
お別れの挨拶をしました。

くぅ〜


必ず良い事ありますから。

愛する人の為に
笑顔で、頑張りましょう。

以上です。
すいませんでした。

ナンノタメイキテマスカ
ダレノタメイキレマスカ


posted by あまの眼科 at 11:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

プール熱って?『ウイルス性結膜炎』のお話


◆プール熱って、どんな病気?

夏場に学校のプールで感染するケースが多いことから俗に
「プール熱」と呼ばれている病気がありますが、
これは医学的に『咽頭結膜熱』と言います。

これは、ウイルスが原因で起こる『ウイルス性結膜炎』のひとつです。

細菌やウイルスが目に感染し、
結膜(白目の一番表面の膜)に炎症を起こす病気です。

結膜炎になると、
結膜が赤くなったり(充血)、まぶたの裏側にブツブツができて目やにや涙が増えたりと、
目に不快な症状が現れます。

かゆみ、しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感、まぶしい感じなどの症状も多くみられます。

プール熱のように目の症状以外に、
のどの痛みや発熱といった、風邪に似た症状を引き起こす場合もあります。

ウイルス性結膜炎の中でプール熱と同じように有名な病気が、
いわゆる『はやり目』です。

これは、アデノウイルスが原因で発生し、
短期間に集団的に発生する急性結膜炎で、日常よく見られる代表的な目の病気のひとつです。


◆治療と感染予防

この病気の怖いところは、非常に強い伝染力(感染力)です。
目からの分泌物がもとで伝染しますが、伝染性が非常に強いため、感染予防がとても大切です。

眼科でも、ウイルス性結膜炎が疑われる場合には、院内ではなくお車でお待ちいただくケースもあります。

患者さんにとっては不快な気分になることかも知れませんが、
医療機関である眼科でもそのような対応をせざるを得ないほど、感染力が非常に強い病気です。

治療においては、不快な症状を和らげる目的で炎症を鎮める効果のある抗炎症点眼薬、
抵抗力が落ちている結膜に細菌が感染しないように抗菌点眼薬を使用します。

症状は、ウイルスに対する身体の抵抗力がついてくるにつれて治まり、約3週間〜1ヵ月ほどで完治します。

その間は、次のようなことに気をつけてください。

・こまめに手を洗う
・顔を拭くタオルを家族と共有しない
・お風呂は最後に入るか、シャワーですませる
・お子さんの場合は、眼科医の判断に従って登校を控えるなど、感染の拡大予防に努める

結膜炎の種類によっては、感染力がとても強い病気があることを覚えておいてください。
そして、おかしいなと思ったときには、すぐに眼科を受診しましょう!


posted by あまの眼科 at 08:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

院内紹介〜クリニック内のお部屋の紹介〜

今回は、当院にあるお部屋の紹介をしたいと思います。

皆さまが入る機会のあるお部屋は、全部で7部屋あり、
それぞれどういったお部屋か順に説明していきますね。

ご来院の際に、ぜひ各部屋を探してみてください!

1)待合室

無題.jpg

こちらは馴染み深いですよね。
検査・診察までの間、お待ちいただくお部屋です。
また、受付・会計もこちらでお願いしております。

2)検査室

無題.jpg1.jpg

ここでは主に、視力検査・眼圧検査を行います。
当院では、中待合もあり、診察が近づいた患者さんには
このお部屋でお待ちいただいております。

3)暗室

無題.jpg1.jpg2.jpg

検査室の一番奥のお部屋です。
視野検査など、暗闇を必要とする検査機器が置いてあります。
このお部屋を使用する際にカーテンで閉めてあることがございます。

4)処置室

無題.jpg6.jpg

主に、採血や涙点プラグなどを行うお部屋です。

5)診察室

E784A1E9A18C.jpg3-thumbnail2[2].jpg

ここはもうお分かりですね!
医師の診察を行う場所です。

6)リカバリー室

E784A1E9A18C.jpg4-thumbnail2[1].jpg

こんな部屋あるの?と思う方が大半だと思います。
手術の前後に使うお部屋で、
手術直前に目薬を点眼したり、手術直後には血圧を測定したりします。

7)手術室

無題.jpg4.jpg5.jpg

こちらは当院で手術を行ったことのある人しか入ったことはないと思います。
このお部屋では主に白内障手術を行っております。
posted by あまの眼科 at 08:00| クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする