あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(08/06)夏の食事、気をつけるべきポイントは?
(07/30)夏期休暇のお知らせ
(07/29)おはようございます。
(07/23)会計の待ち時間について
(07/22)梅雨明けはもうすぐ!

2018年07月31日

眼科機械のご紹介


こんにちは



今回は、当院の機械設備のひとつである『スペキュラーマイクロスコピー』を紹介します。

E784A1E9A18C-b7712-thumbnail2[1].jpg



目の屈折値を測る『オートレフラクトメーター』に 形が似ていますよね。

角膜(目の表面の膜)には5層の膜がありますが、
この機械はその中でも一番奥にある膜、
角膜内皮細胞膜を調べています。

角膜内皮細胞には目のポンプ機能とバリア機能があり、

角膜を透明に保つ役割をしています。

この細胞の数が減ってしまうと、角膜が浮腫してしまう(水分量が増えてむくんでしまう)症状が現れます。

その例として『水泡性角膜症』がありますが、
このような病気があることからも、角膜内皮の検査が重要と分かります。

このスペキュラーマイクロスコピーで 角膜内皮の観察が必要なケースとしては…

(1)白内障手術などの術前と術後
(2)コンタクトレンズ装用者
(3)角膜内皮の疾患
(4)角膜移植術後
(5)外傷後

などがあげられます。



当院では火曜日・金曜日に白内障手術を行っているので、

手術を受けられた方や、これから受けられる方は
この検査を行ったことがあると思います。

細胞の検査というとなんだか痛そうな感じがしますが、そんなことはありません。

中をのぞくとオレンジ色の光が見えますので、
光を眺めているだけで撮影できます。

目に全く触れないため、患者さんの負担が 少ない検査です。

ところで話は少し変わりますが、角膜内皮細胞って どんな形をしていると思いますか?





実は、六角形をしています!
丸型や四角形ではないのです…

薄い膜の中にこのような細胞がたくさんあると思うと、

目を大切にしようという気持ちになりますよね♪

角膜内皮細胞は 1 つ 1 つの細胞は拡大するものの、
一度失うと数が増えることはありません。

角膜の中でも大切な膜です。
コンタクトレンズの長時間使用など、
目に負担のかかることはなるべく控えましょう!

この機械は検査室の奥、
暗室前の壁際に設置されております。

来院された際にはぜひ見つけてみてください♪
posted by あまの眼科 at 08:00| クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

猛暑

こんにちは
検査員の久嶋です。

毎日暑い日が続きますね
多治見でも40度を超えて、暑くて体がバテてしまいますね

私は、毎年クーラーはつけないで寝ていたのですが、今年はクーラーがないと寝れないくらいです

熱中症で亡くなってしまっている方も多いみたいなので、みなさん水分をしっかりとって気を付けて下さいね
posted by あまの眼科 at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

夏期休暇のお知らせ


夏期休暇のお知らせです。

8月9日(木)〜8月16日(木)まで、休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

posted by あまの眼科 at 08:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする