あまの眼科クリニックのブログ
あまの眼科クリニックのブログを始めましたexclamation

診療時間中とは、またひと味違った(?)私たちが垣間見えるかもexclamation&question

(11/14)スポーツの秋
(11/13)風邪の予防に食生活を見直そう
(11/06)Q.目が乾いている感じがします・・・ドライアイでしょうか?
(11/05)秋ですね
(10/30)Q.眼圧が高いと言われました…緑内障でしょうか?

2018年11月14日

スポーツの秋

こんにちは検査員の久嶋です。

だいぶ寒くなってきましたが、みなさん風邪などひいていませんか?

私も先日風邪をひいてしまいました季節の変わり目は体調を崩しやすいので気をつけてくださいね

さて、あっという間に11月も中旬ですね
秋といえば…私はスポーツの秋です休日には友人とテニスをしたりしています最近は試合にも出たりしています
まだまだ勝てませんが、目指せ一勝で頑張ります

posted by あまの眼科 at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

風邪の予防に食生活を見直そう


寒くなってくると、風邪が流行りだします。

冬は乾燥によりウィルスが侵入しやすくなりますので、体調を崩し風邪をひく人が増える時期です。

うがいや手洗いなど、日々の生活習慣に気をつける方も多いと思いますが、
1日3回の「食事」に関してはいかがでしょうか?

今回は、風邪に負けない身体づくりをサポートしてくれる食品について考えてみたいと思います。

◆栄養バランスの良い食事を

ウィルスに対する抵抗力・免疫力を高めるためには、毎日の食事が基本です。

次のような栄養素を積極的に摂り、バランスの良い食事を心がけましょう!

・たんぱく質:基礎体力をつけ抵抗力を高める
(魚介類・卵・肉類・卵・大豆製品・乳製品など)

・ビタミンC:免疫力を高める
(イチゴ、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草、イモ類など)

・ビタミンA:のどや鼻などの粘膜を保護する(ほうれん草、人参、カボチャなどの緑黄色野菜、うなぎ、チーズなど)

・亜鉛:疲労回復、新陳代謝を促し、免疫力を高める
(カキなどの魚介類、赤身の肉類、レバー、ナッツ類、豆、大豆製品など)

◆身体をあたためよう!

ウィルスの侵入を防ぐには、外敵と戦う免疫力を高めることが大切です。

免疫力は、身体が温まり、血液循環がよくなるほど高まりますので、
あったかメニューで身体を冷やさないことも大切なポイントになります。

鍋、雑炊、おじや、うどん、スープ、スープ煮など、身体を温めるメニューがオススメです。

また、ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、生姜、唐辛子など、身体を温める食品も積極的に摂りたいものです。

刺激成分や辛味成分には、消化を助ける働きや殺菌効果もあり、風邪予防に効果的です。
(ただし、喉が痛むときや胃腸の調子が悪い時には控えましょう)

≪超簡単!からだポカポカレシピ≫

冷え性にも効く!体ぽかぽか豆腐チゲ

<材料(2人分)>

・木綿1丁・顆粒だし小さじ2
・豚肉薄切り60g・しょうゆ小さじ1
・キムチ30g・水3カップ
・にら1/2束(50g)・みそ大さじ1
・しめじ100g・コチュジャン適量
・ごま油大さじ1

1)豚肉、キムチは3cm幅に切り、顆粒だし小さじ1と混ぜ合わせる。
  にらは4cm長さに切り、しめじは根元を切って小房に分ける。

2)鍋にごま油を熱し、1)の豚肉・キムチを入れてサッと炒め、
  しょうゆを加えてひと炒めし、水、しめじを加えて5分煮る。

3)みそ、コチュジャンを溶き入れ、顆粒だし小さじ1を加え、
  豆腐を2cm角ぐらいにちぎり入れ、にらを加えて3分ほど煮る。 
  (辛さはコチュジャンで調整)
無題.jpg
(レシピ参照:レシピ大百科さん)
posted by あまの眼科 at 08:00| 目に良い食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

Q.目が乾いている感じがします・・・ドライアイでしょうか?


冬は空気が乾燥することもあり、
目の乾きを感じやすくなるという方も多くなる季節です。

ドライアイは、涙の出る量が減り、涙の中の油や粘液の性質が変わったせいで蒸発する涙が増え、
眼の表面に傷ができて痛みや異物感などの症状が出ます。

あなたの目がドライアイであるかどうかは、

・涙の量が十分に出ているか?

・涙の質が悪くないか?

・目の表面の粘膜にキズなどの障害があるか?

このような検査をすれば分かります。

いずれも眼科で簡単に行うことができる基本的な検査ですから、
一度検査を受けて目の乾きの原因を調べてみると良いでしょう。

ドライアイにもいくつかの原因があります。

また、いくつもの原因が複合して発生していることもあります。

そのため、適切な治療を行うためには、まず原因を正しく把握することが必要になります。

また、ドライアイは、必ずしも目が乾燥していることを自覚するものではなく、
むしろ乾燥を自覚していない場合のほうが多いものです。

乾燥感だけではなく、目の痛み、かゆみ、充血、異物感などの症状が現れますので、
そのような症状がある場合には、眼科できちんと検査を受けましょう。
posted by あまの眼科 at 08:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

秋ですね

こんにちは今回のブログ担当は看護師の西田です

朝夕涼しくなりましたね
皆さん風邪など引かれていませんか

この間、私は芋ほりに行ってきました
食べ物も美味しい季節ですね
食べ過ぎに気をつけます
posted by あまの眼科 at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

Q.眼圧が高いと言われました…緑内障でしょうか?


眼圧とは、眼球壁に包まれた眼球の内圧のことで、
すべての緑内障に大きく関与する重要な指標です。

統計的に求められた正常眼圧は、10〜21mmHgですが、
日本人の平均は14.5mmHgです。

眼圧は1日のうちでも測定時刻により値が変動しますし、
季節による変動もあります。

ですから、1回の測定値が持つ意味は限られており、
測定時刻や日を変えて、繰り返し測定することが重要です。

何度か測定をしたうえで、
視神経乳頭の緑内障性変化、視野異常などを総合的に判断して、緑内障と診断する必要があります。

また、強度近視(強い近視の方)、家族歴、循環障害の有無なども
緑内障に影響を与える要素と言われていますので、注意が必要でしょう。

眼圧が高くても、視神経や視野に異常がない場合には、高眼圧症として経過観察するケースもあります。
posted by あまの眼科 at 08:00| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする